イタリアンの食前酒とは

日本人に馴染み深いイタリアン

西洋料理は世界中の方々から支持されています。
中でも、日本人に馴染み深いのがイタリアンです。
ピザやパスタ、サラダなど女性も食べやすく、男性もしっかりと堪能できる料理として人気を誇っています。
現在ではカジュアルレストランをはじめ本格的なイタリアン料理店、イタリア料理をメニューの中心に提供している居酒屋と言った幅広いお店で楽しむ事が可能です。
ただ、食事をより一層楽しみたいと考えているのなら、大切なポイントがあります。
それが飲み物です。
飲み物と言ってもソフトドリンクではなく、お酒になります。
その理由として、イタリアン料理の基本は前菜からメイン、デザートの順番に提供されるからです。
それぞれに合わせて飲むお酒を選ぶ事により、ますますお料理を美味しく食べる事が出来ます。

お酒の選び方

実際にイタリアン料理に合うお酒を選ぶ為には事前に把握しておきたいポイントがいくつかあります。
まず、一番初めに飲むお酒です。
一般的に食前酒と呼ばれていますが、こちらを選ぶポイントは食事を楽しむ準備が出来るかどうかです。
イタリアン料理のお酒と言えば、ワインが中心となります。
ただ、食前酒として最も適しているワインはスプマンテです。
このワインは発泡性で、スパークリングワインと言う種類として親しまれています。
発泡性があるワインなので、炭酸が胃腸を刺激して食欲を高める効果が高いです。
イタリア地方では発泡性ワインの事を全てスプマンテと呼んでいます。
タンク内で二次発酵させるシャルマー方式です。
レストラン以外でもスーパーやコンビニエンスストアなどで購入する事が出来ます。

日常に溶け込む食前酒

発泡性があるワインをスプマンテと呼ぶので、具体的な食前酒の種類はどれなのか知りたい方もいます。
その場合、日常的に取り入れやすいのがプロセッコです。
こちらはイタリアのヴェネト州で生産されたグレーラというブドウを使用しています。
もちろん、スパークリングワインです。
プロセッコには3種類があり、最高格付けのスパークリングワインとなっています。
味わいは甘味があり、まるで白桃のようなフルーティーな香りが特徴的です。
世界中で流通していて、気取ることなく、普段の食事の前に楽しむお酒として溶け込んでくれます。
値段もリーズナブルなので、初めて食前酒を注文する方にもぴったりです。
基本的な知識を得ておくだけで、イタリアン料理を楽しむ時間を充実させることが出来る為、把握しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です