マリア―ジュとは

イタリアンのマリアージュとは、ワインと料理の相性や相乗効果のことです

イタリアンのお店で、ディナーを楽しんでいる人が多いですが、肉料理や魚料理を味わう時は、おいしいワインを嗜んでいる人がほとんどです。
日本酒やビールとは違い、ワインは芳醇な香りや独特の渋み、風味などがあるため、どんな料理とも相性が良いわけではありません。
イタリアンのマリアージュとは、料理とワインを一緒に味わうことで、相乗効果を得られるという意味があります。
マリアージュは、フランス語で結婚という意味があり、ワインと料理を夫婦関係で表現しています。
デミグラスソースを使った、濃厚な肉の煮込み料理には、深みのある味わいの赤ワインが良いですし、おなじ肉料理でも、鶏肉や赤身肉を使った淡泊な味付けの場合は、白ワインのほうが合います。
高級イタリアンのお店では、ワインソムリエが在籍していますから、メニューを決める時にアドバイスを受けてはどうでしょうか。

“マリア―ジュとは” の続きを読む

イタリアンの食後酒とは

消化促進のために食後酒は飲まれている

レストランで食後酒が用意されているのは、食事を口にした後の消化を良くできるように、レストラン側が配慮をしてくれているためです。
イタリアンは消化に良い食材が使われている事が多いですが、それでも胃腸が弱い人のためであったり、食後の胃を快適に保つために食後酒は必要とされています。
食後酒として特に人気が高いのはリモンチェッロで、イタリア南部の温かな日差しを浴びて作られた、レモンを原材料として使っているリキュールです。
レモンと砂糖をリキュールで漬け込んだ製造方法で作られているお酒で、食事に含まれている脂肪分が原因の、胃のもたれなども改善する効果が期待されています。
とても香りがすっきりとしているために、食後にショットグラスにリモンチェッロを注いで、一気に飲み干すのがイタリア人の食後の楽しみの一つです。

“イタリアンの食後酒とは” の続きを読む

イタリアンの食前酒とは

日本人に馴染み深いイタリアン

西洋料理は世界中の方々から支持されています。
中でも、日本人に馴染み深いのがイタリアンです。
ピザやパスタ、サラダなど女性も食べやすく、男性もしっかりと堪能できる料理として人気を誇っています。
現在ではカジュアルレストランをはじめ本格的なイタリアン料理店、イタリア料理をメニューの中心に提供している居酒屋と言った幅広いお店で楽しむ事が可能です。
ただ、食事をより一層楽しみたいと考えているのなら、大切なポイントがあります。
それが飲み物です。
飲み物と言ってもソフトドリンクではなく、お酒になります。
その理由として、イタリアン料理の基本は前菜からメイン、デザートの順番に提供されるからです。
それぞれに合わせて飲むお酒を選ぶ事により、ますますお料理を美味しく食べる事が出来ます。

“イタリアンの食前酒とは” の続きを読む

イタリアンの有名なワイン

白ワインか赤ワインか?

ワインは色々な国で人気のものです。
さて皆様はイタリアのワインと言えば何を連想されますか。
白ワインか赤ワインかが気になるところですが、実際には両者人気のようです。
そしてイタリアンと言えば、ピザやスパゲティが基本なわけですが、そこで疑問になるのがワインがあるのかという事です。
なんとなくワインではなく、ビールがあるのではという意見があるようです。
実際にビールも合うようですが、ワインもしっかり合います。
単に合うというだけでなく、ポリフェノールが多く含まれているので健康が心配な人でも気軽に料理と一緒に楽しめるので、最高の一時を過ごせるというわけです。
ピザと一緒に食べるなら、トマトを中心にしたものなら軽めの白いワインが良くて、少々肉の強いものならば力強い白ワインがいいといわれています。
それでは赤ワインが合わないかと言いますと、そうではなくトマトが入っていないピザにはよくあいます。
理由は赤ワインに多く含まれているタンニンがトマトの酸味と融和性が悪いからで、その辺を見ても興味深いところです。
つまりは、特性を知っていれば赤も白も問題がないので、人気のワインを知っておきたいものです。

人気の赤ワインは?

様々な赤ワインがありますが、特にお勧めしたいのがピエモンテ・バルベーラです。
これはとても濃い色合いがあって、見るだけでも楽しむ事が出来ます。
すぐに発酵させることによって、新鮮味の高い味わいを生み出して、何度も飲みたくなるなります。
実際イタリアンと一緒に飲む場合は、きのこ系のピザやスパゲティを食べたいところです。
次に、ランブルスコ・セッコはとても高級感が味わえる味わいになっていて、サラミを中心に料理やピザが良いでしょう。
ローストしたお肉や、色々な組み合わせを心行くまで楽しめるはずです。

赤ワインの紹介はこちら

白ワインもお勧め

これまでは赤ワインをお勧めしましたが、白ワインも知っておいてほしいものです。
例えば、ソアーヴェ・クラシコの存在はとても大切で、柑橘系の果実の香りやミントの爽快感はイタリア料理の食欲を大きく促進させます。
トマトがビッチリのっているミートスパゲティやピザを味わう時にはとてもおいしくいただけるはずです。
他にも様々なタイプのワインがありますが、うまく考えてワインとの繋がりを考えれば、何万通りの楽しみが出来るのは明白です。
イタリア料理だけに目を見張るのではなく、こうしたワインとの繋がりを考えれば更にイタリアンの魅力を知る事が出来るのではないのでしょうか。

白ワインの紹介はこちら

イタリアンのお店で芳醇な香りの白ワインを飲んでみよう

白ワインの良さを引き立てるためのアドバイス

イタリアンのメニューは、チーズを使ったピザ、トマトやオイルをベースにしたパスタなどが根強い人気がありますが、高品質な肉類や魚介類を使用したメインディッシュを味わっている人も多いです。
大切な人とディナータイムを楽しむ時は、料理と一緒にワインを嗜むと、相乗効果があるため、とてもおいしく味わえます。
白ワインは、白ぶどう種を原料に作られたお酒ですが、皮や種を丁寧に取り除いて、果実のみで作られています。
白ワインは芳醇な香りと、ほどよい酸味と甘さが特徴になっており、すっきりとしたフルーティーな味わいが魅力です。
デミグラスソースを使った濃厚な肉料理や、こってりした料理とは、相性が悪く、白ワイン特有の良さが半減してしまいます。
濃厚なソースを使ったメニューの時は、程よい渋みと酸味のある赤ワインのほうが良いでしょう。

“イタリアンのお店で芳醇な香りの白ワインを飲んでみよう” の続きを読む

ワインといったら赤ワイン!赤ワインを飲んでみよう

ワインの大地で育まれたイタリア産のワイン

イタリアでは数多くのワインが生産されており「良いワインは血をつくる」という言葉があるほどに人々の暮らしの中にワインが密着しています。
イタリアに初めて入植した古代ギリシア人たちは、そのワイン造りに適した気候からイタリアのことをワインの大地(エノトリーア・テルス)と呼びました。
日本と同じく温暖な気候で四季の区別はハッキリしていますが、地中海性気候のため雨が少なく、葡萄が好む強い日差しと湿度の少ない大地となっています。
また、イタリア半島はブーツのような細長い形をしており、北と南の地域では温度や湿度などにも差があるため、それが地域ごとのワインの味にも影響しているのです。
他にも、使われる葡萄の品種はイタリアの土着種が多く、それもイタリアンワインならではの味わいを生み出しています。
生産量はフランスと1、2を争う規模であり、伝統的な醸造法で作られたワインはもちろんのこと革新的なワインも数多く登場しており、赤ワインだけでもバラエティに富んでいて驚かされるでしょう。

“ワインといったら赤ワイン!赤ワインを飲んでみよう” の続きを読む

イタリアンのオーダー方法

お店に入ったら、食前酒を注文して下さい

若い年代の男性は、大切な恋人と食事を楽しむために、イタリアンのお店を予約したい人が増えています。
普段は居酒屋や中華料理店を利用している人が多いですが、大切な女性の誕生日や記念日には、高級感があり、落ち着いた内装のお店を利用したい人がほとんどです。
ディナーのコースを予約する時は、ワインのオーダーの方法を知っておくと、相手の人に好印象を持ってもらえます。 “イタリアンのオーダー方法” の続きを読む

ワインのおつまみ

ワインに合うおつまみといえばチーズ

ワインのお伴といえばチーズが思い浮かびますが、イタリアンでもピッツァやパスタにかけるパルメザンチーズなどチーズ料理が豊かで、ワインとチーズを合わせることも多いです。
ハーブやスパイスの入ったチーズや、ブルーチーズやゴルゴンゾーラなどのクセのあるチーズはイタリアンワインとの相性もぴったりです。
スモーキーなテイストのチーズや、モッツァレッラなどの柔らかなチーズなど多彩に楽しめるチーズの盛り合わせなどをチョイスして、それぞれのチーズとのマリアージュを楽しむのもおすすめです。
モッツァレッラとトマトのスライスを交互に並べたカプレーゼはワインのお伴に最適です。
また、敢えてチーズをおつまみとしてオーダーしなくても、イタリアンで欠かせない焼き立てのピッツァとともにワインをたしなむのもおすすめです。
日本ではピッツァはみんなでシェアして手で食べますが、本場のイタリアでは一人1枚の小さめのピッツァをフォークとナイフで切り分けて一口サイズにしてエレガントにいただきます。
このスタイルなら手も汚れず、ワイングラスも汚さずにスマートにワインとコクのあるチーズの乗ったピッツアのマリアージュが楽しめます。

“ワインのおつまみ” の続きを読む